日本アクアスキッパー協会

ご利用案内SITE MAP
CONTENTS MENU
日本アクアスキッパー協会

JASA連絡機構

「JASA連絡機構とは」

日本アクアスキッパー協会事務局、JASA連絡機構は、アクアスキッパーによるスポーツ振興と普及をはかり、国民の心身の健全な発展に寄与することを目的とし、アクアスキッパーインストラクター・マスター・スクールのJASA公認資格者及び会員募集にて、登録を完了された個人・法人・団体等にて構成されます。

「JASA連絡機構・会則」

第1章 総則

第1条(名称)
本会は、JASA連絡機構と称する。
第2条(事務局)
本会の事務局は、埼玉県内に置く。
第3条(目的)
本会は、アクアスキッパーによるスポーツ振興と普及をはかり、国民の心身の健全な発展に寄与することを目的とする。

第2章 事業

第4条(事業)
本会の前号の目的を達成するために次の事業を行なう。
1.アクアスキッパーの普及、指導及び研究に関すること。
2.アクアスキッパーに関する講習会の開催及び指導員養成に関すること。
3.アクアスキッパーの競技会の企画及び開催に関すること。
4.アクアスキッパーに関する資料の収集、保存及び機関誌その他刊行物の発行。
5.その他この協会の目的を達成するために必要な事業。

第3章 会員

第5条(会員)
会員の資格は、入会手続きが完了次第発生するものとする。

第4章 役員

第6条(会員)
本会に次の役員を置く。
会 長   1名
副会長   若干名
監 事   1名以上
事務局   若干名
第7条(役員の選任)
役員は、総会で選任する。
第8条(職務)
会長は、本会を代表して会務を統轄する。
副会長は、会長を補佐し会長に事故する時は、その職務を代行する。
事務局は、本会の運営に必要な事務全般を行なう。
監事は、本会の会計を監査し、総会に報告するものとする。
第9条(任期)
役員の任期は3年とする。但し重任及び再任を妨げない。
補欠による役員の任期は、前任者の残存期間とする。

第5章 会議

第10条(会議)
本会の会議は総会及び役員会とし、会長がこれを招集する。但し、本会の運営が軌道に乗るまでは、インターネット及び郵送等で、広く会員に意見を求め、最大公約数的な意見に基づき運営することを基本とする。
第11条(総会)
総会は、年1回開催する。 但し、当面はホームページ上で、総会資料を提案し意見を求め必要があれば修正し、異議がなければ総会での決定とする。
第12条(役員会)
役員会は必要なとき随時開催し、本会則に規定するもののほか、次の事項を決定する。
1.総会に付議すべき事項。
2.総会において決定した事項の執行に関する事項。
3.その他、総会の決定を必要としない会務の執行に関する事項。
第13条(議決)
会議の議長は会長があたり会議はこれを構成する。
会員の3分の2以上の出席(委任状含む)を持って成立し、議決は出席者の過半数をもって決する。
可否同数の時は、議長がこれを決する。
但し、当面は11条の但し書き以降に基づき運営するものとする。

第6章 会計

第14条(会計)
本会の経費は、会費、寄付金及び事業収益金、その他をもってあてる。
会計年度は、毎年4月1日から始まり翌年3月31日に終わる。

付則  この規約は、2008年9月1日から施行する。