日本アクアスキッパー協会

ご利用案内SITE MAP
CONTENTS MENU
日本アクアスキッパー協会

アクアスキッパーの特長と仕組み

アクアスキッパー(AquaSkipper)』の秘密はこれだ!

新しいマリンスポーツ『アクアスキッパー(AquaSkipper)』
アクアスキッパー(AquaSkipper)』の動力は「人力」!
プラットホーム(足を乗せるところ)の上でピョンピョン飛び跳ねるだけで水上を進みます。
エンジンなんて付いてないのに、最高速度はなんと時速約27km!
航空機用のアルミニウムが主な材質のため、軽量で堅牢です。
持ち運びは分解してコンパクトに、組み立ても簡単です。

ピョンピョン飛び跳ねているだけでなぜ進むのでしょう?

下の画像をご覧ください。
飛び跳ねたり着地したりという動作と、『アクアスキッパー(AquaSkipper)』前部が1点を支点に連動しているのがわかりますか?
跳躍による体重移動が、『アクアスキッパー(AquaSkipper)』の前後のフィンを絶妙に動かし、それを推進力として水面に浮上しながら進むのです。

新しいマリンスポーツ『アクアスキッパー(AquaSkipper)』

アクアスキッパー(AquaSkipper)』の最大の特長は、本体前部に設けられたグラスファイバー製のスプリングにあります。これまでの同様のHPVは、乗り手の跳躍による力を十分に推進力に転換できませんでした。また操縦も難しいものでした。しかし『アクアスキッパー AquaSkipper』では、このスプリングの効果によって、水中のフィンがスムーズに水を掻き、高効率の推進力と、柔軟で簡単な操縦を実現しています
(※アメリカ特許出願中・中国特許取得済)。

では飛び跳ねるのをやめるとどうなるのでしょう?

新しいマリンスポーツ『アクアスキッパー(AquaSkipper)』沈みます…。

若干の潜行時間がありますが確実に沈没します…。

しかしご安心を!

アクアスキッパー(AquaSkipper)』には、専用のフローター(浮き袋のようなもの)が付属していますので、『アクアスキッパー(AquaSkipper)』が水底に完全に沈んでしまうことはありません。

フィットネス?ダイエット?

この『アクアスキッパー(AquaSkipper)』での運動はもちろん有酸素運動です。
固い地面を相手にするわけではないので膝や腰への負担もきわめて少ないです。
そしてなにより、ジャンプし続けないと進まない…ちょっと強制的ではありますが、楽しくフィットネスが行なえるのも、この『アクアスキッパー(AquaSkipper)』の特長です。